top of page

人間は「作って遺す」生き物。それが人間の営み。

私は、自分の調子を確かめたいとき・頭や気持ちが煮詰まったとき、何かを作ります。

何かを作っている時間は、何かを考えることもなく、黙々と、ただひたすら手作業だけが進みます。


何かを考えることもなく・黙々とただひたすら目的に向かって手を動かす

そういう時間をもつことで、そのときの自分をクリアにする

その時間を経て出来たもので、そのときの自分の調子をみる


そんなことをしながら思うのは


人間て、何かを「作って遺す」生き物なんだな、ということ。


建物をつくる

社会をつくる

法律をつくる

料理をつくる

子どもをつくる

お金をつくる

着るものをつくる

履くものをつくる

家族をつくる

友達をつくる

野菜をつくる

曲をつくる

書物をつくる

文明をつくる

・・・etc・・・


あらゆるものを作り

それが遺るようにする


そう考えると、「何かを作る」そして「遺す」ことは、どの人にとってもとてもだいじな、人間として基本の営みなのではないかと思うわけです。


あなたは何をつくりますか。何をつくりたいですか。何かをつくってみませんか。



bottom of page